好酸球性副鼻腔炎という病気

好酸球性副鼻腔炎の治療法と原因

原因

好酸球が増殖する原因はアレルギーが多く花粉症から併発し起こることがある。
これまでの治療が効きにくい厄介な病気です。

従来の副鼻腔炎は菌などによる感染ですが、好酸球性副鼻腔炎は好酸球の増殖による原因。
そのため治療法も異なる。

治療法

症状のある期間は続け、週に2〜3回を症状がしっかり治るまで。
飲み薬はタイプによってつかいわけします。

薬物療法

急性副鼻腔炎

抗菌薬 ペニシリン系・セフェム系・キノロン系

慢性副鼻腔炎

非好酸球性 マクロライド系抗菌薬 粘膜溶解薬
好酸球性 ロイコトリエン拮抗薬 粘膜溶解薬 ステロイド

鼻水をさらさらにして鼻水を外に出しやすくしたりする、通常は薬で治る。
薬が利かないと手術になります。

アレルギーを抑える薬とステロイド点鼻薬で症状は回復。
鼻たけが大きい場合は内視鏡で切除も行われている。
花粉症が多い時期に起こる新タイプの副鼻腔炎。

花粉症があるときに好酸菌が沢山ある人は好酸球性副鼻腔炎になりやすい?
完全に一致してないが アレルギー体質がある人はなりやすいといわれている。

好酸球性副鼻腔炎の治療法と原因